カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

管理はプロへ

企業には、管理部門と呼ばれる部門があります。
この部門は、しばしば他部署から評判の悪い部門だったりします。
この部門のお仕事としては、経理、福利厚生の管理、社宅の手配に管理といった業務になります。

どこの企業でもそうですが、管理部門の法務や経理などの花形業務以外は、大抵他部署からたらいまわしにされてきた人材がやる業務だったりします。
従って、その業務のレベルもプロに比べると、お粗末なものになりがちです。

そもそも、管理部門とは、社員の福利厚生や社宅の手配をしていると言いましたが、これらはいずれも重要な業務です。
福利厚生は、単身者から所帯を持っている社員までが利用するサービスの手配です。社宅は、借り上げ社宅が基本的になっている今では、選ぶ物件によって大きな差が生まれがちです。
福利厚生や社宅は、社員のモチベーションそのものを左右するものなので、その管理はプロによる仕事でなくてはなりません。

また、一方で、経理部のお仕事としては、普段の会計業務から決算期の業務までたくさんの業務があります。
ただし、決算期になると、コアメンバーが決算業務にかかりっきりになるので、空いた穴を誰かが埋めなくてはいけません。
そこで、経理代行が必要になります。経理代行とは、社内の経理部門が手薄になった時に、必要になるアウトソーシングサービスです。
経理代行を利用すれば、コアメンバーができない業務を経理代行に任せることができます。

オススメリンク

サブリースの導入なら<NTTビジネスアソシエ>
手厚い福利厚生のことは;株式会社JTBベネフィット